サケバゼリ








徳島県RD 準絶滅危惧
科・属 セリ科セリ属
花期 5月
生活史 多年草
草丈 セリより全体に小形で、草丈は30cmばかり
茎の特徴
葉の特徴 3回3出で、4〜5枚が根生する。小葉は広卵形で長さ1cmばかり、葉表は脈が裏側に窪み、条が目立ち、葉裏にかなり突き出る。鋸歯は細く、鋭頭。特に小葉の側裂片の切れ込みが深いのが大きな特徴。
花の特徴 セリより早く初夏に咲き、花茎の先の複散形花序に多くの小花をつける。
果実
生育場所 比較的海岸に近い山間の林縁
分布 本州(紀伊半島以南)・四国・九州・南西諸島
その他 セリの変種