オオクグ












徳島県RD 絶滅危惧TA類
科・属 カヤツリグサ科スゲ属
花期 5月〜6月
生活史 多年草
草丈 40〜70cm
茎の特徴 地中に長い根茎を引いて繁殖する。茎は鋭い3稜形、平滑で基部の鞘は濃赤紫色の部分がある。
葉の特徴 茎より長く伸び、幅5〜10mmでやや硬い
花の特徴 茎の上方に3〜5個の雄小穂と、その下に2〜4個の雌小穂をつける。雄小穂は細く、長さ2〜4cmで、互いに接近し、雌小穂は円柱形で斜上し長さ3〜8cm、密に多数の花をつけ、ともに濃褐色である。雌花の燐片は卵形、茶褐色で先は鋭く尖って芒がつき、背面に緑色の3脈がある。
果実 果胞は斜め上向き鱗片よりより長く、長さ6〜7mmの長楕円形、コルク質で細い脈があり褐色をおびる。先端はしだいに狭くなって短く太いくちばし状となり、口部は2裂し、その裂片の先は太く、基部は丸くなり短い柄がある。
生育場所 海水と真水の接する塩沼の池畔にはえる
分布 北海道・本州・九州北部
その他 シオクグに似るが、全体の大型で、葉は幅が広く、雌小穂が長く、かたまってついていることなどで区別できる。