ミヤマベニシダ








徳島県RD 絶滅危惧TA類
科・属 オシダ科オシダ属
生活史 夏緑性
草丈 葉の長さは60〜100cm、葉柄は葉身の1/2以上から同長ぐらい
根茎
葉の鱗片 下部には広針形または長楕円形で濃褐色の鱗片を密生する。上部から葉の中軸に掛けては色も淡褐色に、また狭くなって披針形の鱗片になる。
葉の特徴 葉身は2回羽状に分裂し、長楕円形、先端は急に狭くなって尖り、洋紙状草質で表面は暗灰緑色、平滑である。羽片は広線形で鋭尖頭羽状に分裂し短柄がある。
小羽片 小羽片は長楕円状披針形、幅5〜7mm、鈍頭または円頭で縁にはきょ歯があり、きょ歯の先は細く尖る。羽軸の裏面には鱗片が少しのこる。
胞子嚢群 小羽片の中脈の近くに1裂並んで、円形で全縁の包膜を持つ。
生育場所 深山で、ブナ帯以上の林下
分布 紀伊半島以北
その他